SSブログ

ことばの変化 論語入門 [まえがきからの啓発]

”『論語』がいずこにおいても色あせない大古典として、長らく読み継がれてきたのは、単に教訓を記した無味乾燥な書物ではなく、読む者の心を揺り動かす迫力と面白さに富むためだと思われる。
『論語』の魅力、面白さは、その中心をなす孔子という人物の面白さ、魅力に由来する。”
井波律子 論語入門 岩波新書1366 2012 序から

一つ二つの語句や言い伝えのようなことばに出会うことはあっても、なかなか『論語』の概要がわかるまで読み通したことはなかった。通読するという機会はありえないとも思っていた。
その中で、古典の中身も紹介しながら、孔子という人物像を切り出そうという試みに、
とても興味が湧いたので、この書を手に取ってみた。

読み進める中で、ほっこりしたのは、次のことばであった。
”曾子(そうし)は言った。「先生(孔子)の道は、忠恕(ちゅうじょ)(自分に対する誠実さ、
他者に対する思いやり)で貫かれている。」ということだよ。”(里仁第四)
井波律子 論語入門 岩波新書1366 2012  74ページより 漢字にルビあり。

これを読んだときの理解が、
「忠」ということばが、自分に対する誠実さを示し、ということは、いわば、自然体の自分、
あるがままの姿、というものを大切にして、
「恕(じょ)」ということばが、他者に対する思いやり、ということは、自分以外のものに対して、
愛情とは言わないにしても、思いやりを持って接することが、
人として、また、孔子という先生の立場としての道、すなわち、基本的なルールとして、
これを一貫したものとしているという解説である、と理解し、
孔子の弟子の人たちにもそう理解され、このことが論語全体にも貫かれ、
また、その時代(中国の春秋時代、紀元前550年ごろ)を生き抜いた方と受け止めた。

はて、その生き方が、自分にもできるかなあ、と少し時間を取ってしまった。
この後には、さらに孔子の人物像が描かれているので、それを少しずつ読み進めてみよう。

nice!(0)  コメント(0) 
共通テーマ:趣味・カルチャー

nice! 0

コメント 0

コメントを書く

お名前:
URL:
コメント:
画像認証:
下の画像に表示されている文字を入力してください。