SSブログ

ことばの変化 詩経 [まえがきからの啓発]

”古代における本草学の知識は呪術的効力による部分が大きかったと考えられ、
現代我々が知る所の知識をそのまま解釈に取り入れるべきではないのである。”
石川忠久著、福本郁子編 新書漢文体系15 詩経 明治書院 2002 はじめにより

詩経には、草木などを取り入れた文言が多い。
きび、あわ、かづら、ももなどの名前ならば、イメージが浮かぶが、こうさい(あさざ)、けんじ(はこべ菜)、はん(白よもぎ)などは、さっぱりで専門の書によって、辿るしかないようである。
これらの草木が、詩経が成立した紀元前4世紀の時代に、民俗学的な知識以外にも、本草学という知識を持ち、どのような植物をどのような形で、どういう背景で食されていたか、あるいは、利用されていたかを背景に持つ必要があるようだ。

漢方薬はその後継を受けた知識によるのかもしれない。
今日、スイセンをニラと間違えて食べたら、毒を食したことと同じという事件もある。
キキョウの根は、水にさらしてしたのち、食材として利用される(韓国のトラジ)という。

その中で、ことばの効能に触れる詩がある。
節南山之什(小雅) 雨無正(うぶせい)から抜粋
”哀しいものよ口下手は。舌より(言葉を一言でも)出せば、上手に言えないため禍を受け)この身は憂い(の中に沈む)。結構なことよ口上手は。巧言は水が流れるよう(によどみなく)、その自分の身を安楽の境地に居させることができる。”(154ページ:日本語訳)

”一説によると秦に領土を削られた周がいよいよ衰え滅びようしていることを極限した表現である”(155ページ)という詩の一説である。
状況は、「国破れて山河あり 城春にして草木深し(杜甫 春望から)」にあって、人智のなせる業を取り入れたような内容に驚くばかりである。

nice!(0)  コメント(0) 
共通テーマ:趣味・カルチャー

nice! 0

コメント 0

コメントを書く

お名前:
URL:
コメント:
画像認証:
下の画像に表示されている文字を入力してください。