SSブログ

ことばの変化 黄帝四經 [まえがきからの啓発]

”この書は、清朝の学者の精密な考証を経ることなく、二十世紀になって忽然として本文だけが現れた。”
澤田多喜男訳註 黄帝四經 知泉書館 2006 あとがきより

この書の最初に解題が設置され、あとがきに著者のことばがある。
黄帝四經 馬王堆漢墓帛書 老子乙本巻前古佚書(こいつしょ)を翻訳し、註釈を細かく丁寧に記載し、10年余の歳月をかけて世に出されたことが紹介されている。
国内で最初の翻訳解説書だろう。内容はとても読みやすい。

書かれている内容を紹介するというような真似はできないが、
本文中で感心した点といえば、
”時期が到来しないのに華を咲かせてはいけない。自然の営みに先立って成熟すれば駄目になるし、
時期が到来しないのに華を咲かせれば果実は実らない。”(260ページ)

この本を読むと、物事には、”道”があり、これは道理であったり、正道があり、道筋という諸々の流れの筋のようなものがあって、その”道”に沿う道筋の中で、成果物としての「物」となって具体的に出現するという。何かしら、この書の本質を集約したことばのようにみえた。
その道をわきまえないと大変なことになるし、背いてもいけない。人の上に立つ人、組織の上にある職位の人であれ、中国皇帝の位置にある”黄帝”がどのような配慮、思慮で、”道”理を持って物事を進めていくかを説いた書と受け止めることができる。

庶民は庶民でも、自然のこだわりというか、天然自然の原理に沿って、”道”理を踏まえた上で、何事も過多なく着実に進めよとある、何かしら、説教と言えば、説教とも受け止めることもできるが、道理をわきまえないと、それは罰せられることもあるぞ、といましめるあたりは、”法”の概念を導入した書のようでもあり、微妙なニュアンスのことばで満ちている。
日々のことをコツコツと丁寧に進めていきたいと思う。

著者はあとがきの中で、「翻訳に誤訳はつきもの」と謙虚に語る。
本文を熟読したとしても、誤解したまま読む読者もいることも確かである。

nice!(0)  コメント(0) 
共通テーマ:趣味・カルチャー