SSブログ
小さなひととき ブログトップ

ことばの変化 論語と易経  [小さなひととき]

孔子の人生が、易経に重なる?!

孔子の人生を念頭に置き、易経の乾為天(天下天上)を閲覧したときに、ふと、この易の爻(こう)がその人生に重複して見えた。

占いで、爻(易の卦を表す横線)が3つ1組で、卦(占いに使用される記号;8種類、上下で64卦)に分かれる。この卦を用いて、自然界、社会、人事のあらゆる事象を象徴する。
最初の卦が「乾」であり、龍に譬えて表現している。
初爻 二爻 三爻 四爻 五爻 上爻 と記載すると、
易の卦で、下からの項目が、物事の最初(初爻)を含意し、
一番上にある項目が、物事の終末(上爻)を含意する。

思うところを記載する。易経の乾と論語の学而を重ね合わせる。
乾         当てはめたこと
初爻(初九)潜龍  孔子の15 志学  変爻 乾→姤
二爻(九二)見龍  孔子の30 而立     乾→同人
三爻(九三)    孔子の40 不惑     乾→履
四爻(九四)    孔子の50 知命     乾→小蓄
五爻(九五)飛龍  孔子の60 耳順     乾→大有
上爻(上九)亢龍  孔子の70 従心     乾→夬
  (用九)群龍               未詳

私見となるが、
自然界、人生のすべての事象を時間軸で捉えたとき、
孔子の人生を、易経の最初の卦となる「乾」で推しはかるのがわかりやすい。
最初の年齢ごろ(15)までなら、地に潜む龍のごとし(潜龍)。
世に出てきて、周囲に認められるようになると、その龍の姿を目にすることができる(見龍)。
しっかりと働き出して、自他ともに自信にみなぎる間は、大きな難関も超えていくだろうし、そこに人生で、惑うことはないだろうし、それを自らの運命として位置付けてもよく、60までには、まさに飛ぶ鳥(龍)のごとし。
されど、70近くになると、さてさて、矩(のり:規則、決まりごと:転じて、自然の力・法則)に耳を傾け、天寿を全うするのがよしと知るべきか。
孔子の人生は、易のいう、その自然な流れを全うしたのかもしれない。

孔子は、繋辞上で「乾」の項を見ると、易の役割を伝えている。
「乾の働きはそれ自体が、健 ー創造的ーであり、動いてやまない。従って、乾の知(つかさど)る創造ということも、何ら阻害されることなく、容易に果たされる。」(261ページ)
「人間の行ないも、乾のようにたやすく自然であれば、その心は明々白々、何人にも知りやすいものとなる。」(262ページ)
本田済 易下 中国古典選1 朝日新聞社 261−262 1978

人生のところどころで、山あり谷ありの事態には、変じた爻の卦を見て、参考にしていたのだろう。
40、50で龍に例えた記載は、これまでにあるのだろうか。それらしいものはあっても、確定せず。
孔子は、易の辞で九三(40)の意を、「君子進徳修業。」とし、「君子(リーダー)は、人徳を磨き、業績を積み重ねる」ことだとの意味合いを示し、
九四(50)の意を「上下无常。非為邪也。進退无恒。非離群也。」とし、超訳すれば、「組織の上に媚びたり、下に合わせたりして、悪いことをしようと意図しているわけでもない。進退にしても、変化を求めているわけでもなく、組織(群れ)から飛び出して何かしようというのは、時期尚早で、組織から離れることなく、業務に勤めよ。いずれその差配が信用につながる。」と、飛躍する機会をきちんと見極めよと、受け止める。

自分が占いをするとき、世の中の変化に左右される我が身を考えるには、この向きで考える。

nice!(0)  コメント(0) 
共通テーマ:趣味・カルチャー

ことばの変化 論語 為政第二 [小さなひととき]

「論語」を見ていると、孔子が年老いて、自身の人生をふりかえり、弟子がまとめたという論語のことばがふと気になった。
「子曰、吾十有五にして学を志す、三十・・四十・・・。」という有名なフレーズ。

講師は68歳で故郷に戻り、73歳で生涯を終えるまでの5年間は、弟子の教育と古典の整理に専念したという。礼記、書経、易経、春秋などの書を現在の形にまとめたのは、この時期の内容だという(史記孔子世家)。

晩年になって、ご自身の生涯を振り返ったのであれば、「15にして学を志す。」という現在形での記載よりは、「15には学を志した。30には立ち上がった(而立:自立)。」というように過去形での記載が素直に心に入ってくる。

情報が発達した今日、それこそ10代後半には、マスコミで活躍する人たちの姿を目にする。
例えば、ピアノを15から始めても違和感はないが、小さい頃から触れたので、演奏も上達して、今にあるという感じ。学業にしても同じかも。
孔子の小さい頃、「論語」の書物が世の中にないのだから、自分というよりは周囲の人が教えたり、差し出す機会やものがないと、勉強にはなりにくい。孔子は、祭礼の礼儀所作に通じていたようだ(史記孔子世家)。

論語の中で、貧しい少年時代を過ごしたことを語る。
「あなた(子貢)の先生(孔子)は、どうしてあんなにいろいろな才能をお持ちなのですか」の大臣から問いに、孔子は、「どんなにつまらない仕事(鄙事:ひじ)でもやってきた。貧しかったから必然的にそうなった。」と、弟子の子貢に話している。(論語子罕第九)

15から学問をしようとしたのではなく、15までに学問に専念してきた。スポーツであれ、音楽であれ、読み書きそろばん、古式ゆかしい伝統継承の類を頑張り、頭の整理をし、ものの理屈なりを理解したと考える。

15以降は、職を求め、与えられた職を忠実にこなし、皆からの信頼が得られるように30まで頑張ったところ(而立)、世にいう自立した生活を過ごせるようになったと読むべきかもしれない。とはいえ、当時は動乱の世の中、そう安楽な生活ができたとはいえないかも。
この年代のエピソードは、論語の解説書にも説明されているのが印象深い。

足場を確保してからは、40にはまよわず(不惑)、我が道をいくと、自分の人生を振り返り振り返り戸惑うこともなかったに違いないだろう。
50には、自分の人生を見て、天が与えた使命を全うし、我が人生に悔いなかったから、「知命」としたのだろうし、
60には(耳順)、人々が問いかけたり、投げかけることばや、やっていることを素直に受けとめ、その命題の本質を言い当てることができたのだろうと思う。苦労は苦労で絶えないだろうから、年齢に合わせたエピソードを辿ってみるものおもしろい。

70には自然体に任せて、日々を過ごし、73までの天寿を全うするまでは、自分が構築した人生と信頼関係を壊さない中で、生き生きと過ごされたことが、矩(のり)を踰(こ)えずということばで、くくられているのだろうと推測される。
世の書には、その年からの経歴が語られることが多いが、当時にしては寿命が長く、その秘訣を知りたいと思う。史記の孔子世家をみる。

孔子の人生を念頭に置き、易経の乾為天(天下天上)を閲覧したときに、ふと、この易の爻(こう)がその人生に重複して見えた。

nice!(0)  コメント(0) 
共通テーマ:趣味・カルチャー
小さなひととき ブログトップ